判例 女友だち 映画ウォーキング 情報BOX わがまま読書 リンク おたより欄
判例 セクシュアル・ハラスメント
1.職場で
1-1.上司・同僚・取引先による事例
1−1−2016.2.23 K出版社事件
     原告が、被告会社に対し、セクハラ行為を理由にした譴責処分、出勤
     停止処分の無効確認、総務部長らに対して退職強要等による不法行為
     に基づく損害の賠償等を求めたところ、会社に対する請求の一部を認
     容しその余を棄却した事例
     [東京地裁2016(平成28)年2月23日判決 LEX/DB25542311] 
1−1−2016.1.28 A倶楽部事件
     被告法人の従業員等である原告らが、被告法人の支配人のパワハラや
     セクハラ等を理由として、支配人、被告法人、その理事らに対し、不
     法行為に基づいて損害賠償請求をするとともに、憲法27条等によって
     認められる勤労人格権に基づいて、支配人が直接原告らに指揮命令そ
     の他接触しないことや接触した場合の制裁金の支払を求めた事案につ
     いて、原告の1人に対する暴行行為について不法行為の成立を認めて
     支配人と被告法人に対する損害賠償請求について一部認容したが、そ
     の余の請求を棄却した事例
     [大阪地裁2016(平成28)年1月28日判決 労働判例ジャーナル50号21頁
     LEX/DB25542050] 
1−1−2015.5.27 A会社事件
     被告会社の従業員であった原告が、被告会社の代表取締役である被告
     Yから、勤務時間内に職場内においてパワハラ及びセクハラを受け、
     さらに強姦されたと主張し、被告Y及び被告会社に対し損害賠償等の
     支払を求めた事案について、原告の請求が一部認容された事例
     [東京地裁2015(平成27)年5月27日判決 LEX/DB25530078] 
1−1−2015.4.17 医療法人事件
     医療法人の従業員に対し理事及び看護部長が想像妊娠だと述べたり中
     絶を示唆するような言動をしたこと等につき77万円の支払いが命じら
     れた事例
     [札幌地裁2015(平成27)年4月17日判決 LEX/DB25447254]
1−1−2015.3.11 A法律事務所事件(東京)
     被告(弁護士)の経営する法律事務所の事務員として勤務していた原告
     が、不当解雇、セクハラ及び侮辱的発言を受けたとして損害賠償請求
     等をした事件で、セクハラ等は認めなかったが侮辱的発言について不
     法行為の成立を認めた事例
     [東京地裁2015(平成27)年3月11日判決 判例時報2274号73頁、LEX/DB25540270]
1−1 2014.11.28 A会社事件
     セクハラを受けPTSDと診断された後退職した女性に会社が1300万円を
     払うこと等を内容に和解が成立した事例
     [大阪地裁2014(平成26)年11月28日和解期日 朝日新聞2015年1月21日朝刊]
1−1−2014.2.28 A会社事件
     被控訴人(原告)が、以前勤務していた会社の役員であった控訴人(被
     告)から度重なるセクシュアル・ハラスメントを受け精神的苦痛を被
     り不安障害を発症したとして、慰謝料等を請求した事案の控訴審で
     認容額が減額された事例
     [東京地裁2014(平成26)年2月28日判決 LEX/DB25517952]
1−1−2013.12.20 人材派遣会社事件
     人材派遣会社がセクハラ防止義務と二次被害防止義務は履行している
     としてこれらの義務違反を否定したが、セクハラ救済義務・解雇回避
     義務を履行せずこれらには違反したとして、人材派遣会社の義務違反
     を全て認めなかった一審判決の一部を変更して慰謝料50万円と遅延損
     害金の支払いを認めた事例
     [大阪高裁2013(平成25)年12月20判決 労働判例1090号21頁]
1−1−2013.1.30 ファンド会社事件
     ファンド会社の取締役の社員に対する侮辱的な表現による避難等が社
     会的相当性を逸脱したとして、慰謝料200万円の支払を命じた事例
     [東京地裁2013(平成25)年1月30日判決 LEX/DB25510191]
1−1−2012.8.29 G事件(東京)
     被告会社の従業員から被告会社の代表者と店長により強姦されたこと
     等により肉体的精神的苦痛を受けたことにつき会社らに対する損害賠
     償請求をいずれも棄却した原判決を一部変更し、代表者と会社に対す
     る請求を一部認めた例
     [東京高判2012(平24)年8月29日 労働判例1060号22頁]
1−1−2012.1.31 G事件(東京)
     被告会社の従業員から被告会社の代表者と店長により強姦されたこと
     等により肉体的精神的苦痛を受けたとして、会社らに対し損害賠償請
     求を求めたが、棄却された例
     [東京地判2012(平24)年1月31日 労働判例1060号30頁]
1−1−2010.12.27 F事件(東京)
     わいせつ行為の被害女性と原告の供述の信用性を比べたうえでその事
     実を認定し、認定事実の重大さと、処分の手続的瑕疵がなかったこと
     を考慮して解雇処分を合理的とし、これを争う提訴が不法行為にあた
     るとされた事案。
     [裁判所] 東京地裁
     [年月日] 2010(平成22)年12月27日判決
     [出典] 労働判例1022号70頁
1−1−2010.6.15 菓子メーカーM社事件(奈良)
     派遣社員へのセクシュアルハラスメントで,派遣先会社の責任が認め
     られた事例
     [裁判所] 奈良地裁
     [年月日] 2010(平成22)年6月15日判決
     [出典] LLI/DB(L06550334)
1−1−2010.3.30 眼科医院事件(鳥取)
     上司の部下に対するセクシャルハラスメント行為につき部下及び部下
     の夫に対する慰謝料を認めたほか、部下の勤務先に厳格かつ具体的な
     職場環境配慮義務を認めた事例
     [裁判所] 鳥取地裁倉吉支部
     [年月日] 2010(平成22)年3月30日判決
     [出典] 判例集未登載
1−1−2009.6.12 K財団法人事件(東京)
     理事のパワハラやセクハラ等該当行為を報告した総務部長に
     対してなされた降格配転及び解雇につき、合理的な理由を欠
     き社会通念上相当であるとは認められないとして、当該総務
     部長が労働契約上の権利を有する地位にあることを確認し、
     未払賃金・賞与の支払を認めるとともに、不法行為に基づく
     慰謝料を一部認めた事例。
     [裁判所] 東京地裁
     [年月日] 2009(平成21)年6月12日判決
     [出典] 労働経済判例速報2046号3頁
1−1−2009.04.24 電動機器販売会社解雇事件(東京)
     セクハラ行為が懲戒解雇事由非該当となった事例。
     [裁判所] 東京地裁
     [年月日] 2009(平成21)年4月24日判決
     [出典] 労働判例987号48頁
1−1−2008.09.10 言葉によるいやがらせTF堂菓子店事件(東京)
     店長X男から業務中および業務後の酒席でなされた言葉によ
     るセクシュアル・ハラスメントにより人格権等を侵害された
     として会社を提訴したA女の請求に対し、約170万円の支
     払いが命じられた事例
     [裁判所] 東京高裁
     [年月日] 2008(平20)年9月10日判決
     [出典] LEX/DB25421395、判例時報2023号27頁、
         労働判例969号5頁
     [原審] 5‐1‐2008.03.26 TF堂菓子店事件(東京)
1−1−2007.05.17 T町農協事件(北海道)
     組合長X男と課長Y男が、職員A女とB女に対して、上司の
          地位を濫用して強制わいせつ行為等を繰り返したことにつき
     、900万円で和解が成立した事例
     [裁判所] 旭川地裁
     [年月日] 2007(平19)年5月17日和解
     [出典] 同日付毎日新聞WEBニュース
1-1-2007.03.13 生命保険会社事件(広島)
     被告男性上司3名が、会社の忘年会で、原告女性部下7名に
     対して、抱きつく、押し倒す、羽交い絞めにして股間に性器
     付近を押し付ける等したことについては不法行為が成立する
     が、原告らの多くがかなりの人生経験を経た中高年に達する
     ものであったことからすれば、被告らの行為を咎めずに嬌声
     を上げて騒ぎ立てる等したことに過失が認められるとして、
     過失相殺が適用された事例
     [裁判所] 広島地裁
     [年月日] 2007(平19)年3月13日判決 ≪確定≫
     [出典] 労働判例943号52頁
1-1-2006.12.04 東与賀町事件(佐賀)
     町職員X男が、同僚職員A女に対して強制わいせつ罪となる
     行為をしたことに対する損害賠償請求訴訟において、150
     万円の支払い、謝罪、不利益扱い禁止の和解勧告案が受け入
     れられた事例
     [裁判所] 佐賀地裁
     [年月日] 2006(平18)年12月4日までに合意
     [出典] 2006年12月5日毎日新聞WEB配信記事
1-1-2006.07.26 厚生労働省事件(東京)
     職員X男が、臨時職員として働いていた同僚のA女に対して、
     X男のヒゲを抜くように強いるなどしたことにつき、国の使
     用者責任を認め、X男と国に55万円の支払いが命じられた
     事例
     [裁判所] 東京地裁
     [年月日] 2006(平18)年7月26日判決
     [出典] 法学教室312号139頁
1-1-2006.05.25 言葉によるいやがらせJA事件(島根)
     JA職員X男が、部下A女に対して、「夜の商売女みたいだ」
     と発言したことにつき、11万円の支払いが命じられた事例
     [裁判所] 松江地裁
     [年月日] 2006(平18)年5月25日判決
     [出典] 読売新聞同日WEB配信記事
1-1-2006.04.27 A消費者金融事件(京都)
     課長X男が、部下A女に対して、セクシュアル・ハラスメント
     およびパワー・ハラスメントを行ったことにつき、慰謝料等
     110万円と未払賃金の支払が命じられた事例
     [裁判所] 京都地裁
     [年月日] 2006(平18)年4月27日判決(控訴後和解)
     [出典] 労働判例920号66頁
1-1-2006.02.27 飲食店事件(京都)
     飲食店店長X男が、アルバイトA女に対して、自分の膝の上に
     乗ったり、キスを強要する等したことについて、200万円の
     支払いが命じられた事例
     [裁判所] 京都地裁
     [年月日] 2006(平18)年2月27日判決
     [出典] 毎日新聞2月28日WEB配信記事
1-1-2005.05.17 法務局事件(広島)
     職員X男が、法務局の研修中に開かれた宴会で職員A女の体を
     触ったことにつき、国の責任は認めずX男だけに55万円の支
     払いを命じた1、2審判決を不服としたA女の上告が棄却され
     た事例
    [裁判所]最高裁第3小法廷
    [年月日]2005(平17)年5月17日決定
    [出典]毎日新聞5月19日WEB配信記事
1−1−2005.01.31 HPコンピューター会社解雇事件(東京)
     金融営業本部長X男が、部下A女とB女に対して、日常的に性
     的な発言をしたり、身体的接触を繰り返すなどしたことから、
     会社から懲戒解雇されたことは正当とされた事例
    [裁判所]東京地裁
    [年月日]2005(平17)年1月31日判決
    [出典]判例タイムズ1185号214頁
1-1-2004.12.24 Sバス会社事件(青森)
     取締役X男が、会計係A女に対して、職場において睨み付ける
     ような目つきをする、恋情を書き連ねた手紙を何通も手渡す、
     出張の際の宿泊先で強姦未遂ともいえる行為に及ぶ等の行為を、
     A女の在職中の約9年間継続的に続けたため同女が退職するに
     至ったことにつき、約587万円の支払いが命じられた事例
    [裁判所]青森地裁
    [年月日]2004(平16)年12月24日判決
    [出典]労働判例889号19頁
1-1-2004.07.08 厚木市国家賠償請求事件(神奈川)
     市の職員で係長X男が、部下であるA女にセクシュアル・ハラ
     スメントを行い、A女が職員の相談窓口に届け出たのに、課長
     であるY男が必要な措置をとらなかったことから、A女が精神
     的苦痛を受けたとして、市に220万円の支払いが命じられた
     事例
    [裁判所]横浜地裁
    [年月日]2004(平16)年7月8日判決 ≪確定≫
    [出典]判例時報1865号106頁、労働判例880号123頁
1-1-2004.03.30 N自動車販売会社事件(千葉)
     自動車販売会社店長X男が、研修中に宿泊していたホテル室内に
     おいて、泥酔して寝ていた新入社員A女の着衣の下に手を入れ、
     胸の辺りを触り、さらに、起き上がって抵抗したA女をベッドの
     上に倒そうとしたことにつき、X男には不法行為責任が、被告会
     社には苦情処理義務違反はないものの使用者責任があるとして、
     連帯して60万円の支払いが命じられた事例
    [裁判所]東京地裁
    [年月日]2004(平16)年3月30日判決
    [出典]労働判例876号87頁
1-1-2004.02.24 S食品会社事件(山口)
     食品会社の地区営業統括者X男が、従業員A女に対し、著しく
     卑猥なメールを十数回にわたり送信したり、他の従業員の外出
     中にやむなく性交渉に応じさせる等したことにつき、X男に
     145万円の支払いが命じられ、被告会社にはセクシュアル・
     ハラスメント防止についての不作為や啓発の不十分さがあった
     として55万円の支払いが命じられた事例
    [裁判所]山口地裁下関支部
    [年月日]2004(平16)年2月24日判決
    [出典]労働判例881号34頁
    [上訴等]広島高裁2004年9月2日(労働判例881号29頁)《棄却・確定》
1-1-2003.08.26 N航空会社事件(東京)
    航空会社の社史編纂プロジェクトのリーダーであった社員X男が、
    大学を卒業したばかりで、本件プロジェクトの協力会社から派遣
    されてきたA女に対して、業務中の昼食時間などに性的な発言を
    したり、キスをするなどしたことにつき、X男と航空会社に77
    万円の支払いが命じられた事例
    [裁判所]東京地裁
    [年月日]2003(平15)年8月26日判決《確定》
    [出典]労働判例856号87頁、
        朝日新聞(東京)2003年8月27日朝刊
1-1-2003.07.07 D破産出版社事件(東京)
    編集長X男が、部下A女の職場での評価の低下を意図して、「Aは
    ストーカーじゃないか」「〔A女と総務部長は〕できているから気
    をつけろ」「普通だったらくびだろう」と社内で発言したことにつ
    き、会社と連帯して110万円の支払いが命じられた事例
    [裁判所]東京地裁
    [年月日]2003(平15)年7月7日判決《確定》
    [出典]労働判例860号64頁
1-1-2003.06.09 A社事件(東京)
    無断で腰などをズーム撮影するなどした上司の行為について、700
    万円の支払いを命じた事例
    [裁判所]東京地裁
    [年月日]2003(平15)年6月9日判決
    [出典]法学教室275号134頁
1-1-2003.06.06 K食品会社事件(東京)
    専務に無理やりキスされ退職させられたとの主張に対し、241万円
    の支払いが認められた事例
    [裁判所]東京地裁
    [年月日]2003(平15)年6月6日判決
    [出典]判例タイムズ1179号267頁
1-1-2003.01.16 衣料品販売アルバイト事件(広島)
    アルバイトを指揮監督する社員X男(29)が、短大入学前の春休み
    期間にバイトに来たA女(18)に対して、残業中ないし残業終了直
    後の密着した時間に、3回にわたり、身体を触るなどの性的行為や性
    交を行い、A女が解離性同一性障害に罹患した事案について、X男と
    被告会社に対して、A女とその両親へ約264万円の支払いが命じら
    れた事例
    [裁判所]広島地裁
    [年月日]2003(平15)年1月16日判決《確定》
    [出典]判例タイムズ1131号131頁
1-1-2003.01.14 K設計会社事件仮処分(愛知)
    被告会社が、社内のセクシュアル・ハラスメントに関して申立を行った
    A女に対して、不利益処分を課すことを目的として出した配転命令と
    それに基づく懲戒解雇が無効とされた事例
    [裁判所]名古屋地裁
    [年月日]2003(平15)年1月14日決定
    [出典]労働判例852号58頁、LEX/DB(オンラインデータベース)
1-1-2002.11.14 税理士事件(大分)
    職員にセクシュアル・ハラスメントを行った末に解雇した税理士に、
    220万円の支払いが命じられた事例
    [裁判所]大分地裁
    [年月日]2002年11月14日判決
    [出典]労働判例844号92頁
        朝日・読売とも(西部)11月16日(朝刊)
1-1-2002.11.06 リサイクルショップ事件(岡山)
    会社と上司2人に765万円の支払いが命じられた事例
    [裁判所]岡山地裁
    [年月日]2002年11月6日判決
    [出典]法学教室268号125頁、LEX/DB28081225
1-1-2002.09.02 西郷町事件(島根)
    町職員X男が、町立保育園に勤めていたA女に行ったセクシュアル・ハ
    ラスメントについて、820万円の支払いが命じられた事例
    [裁判所]松江地裁
    [年月日]2002(平14)年9月2日判決
    [出典]朝日・読売とも(大阪)9月4日(朝刊)
1-1-2002.08.21 N建設コンサルタント会社事件(北海道)
    セクシュアル・ハラスメントの有無に触れず和解が成立した事例。
    [裁判所]札幌地裁
    [年月日]2002(平14)年8月21日和解 
    [出典]朝日(北海道)読売(東京)2002年8月22日朝刊
1-1-2002.05.15 H労働者派遣会社事件(岡山)
    上司である専務取締役営業部長X男が岡山支店支店長A女と高松支店支
    店長B女にセクシュアル・ハラスメントを行ない、A女とB女がこれを
    被告会社に訴えるやX男と被告会社がA女とB女の職場環境を悪化させ、
    職場復帰を不可能にしたことにつき、X男と被告会社にA女とB女へ合
    わせて3,0000万円の支払いが命じられた事例。
    [裁判所]岡山地裁
    [年月日]2002(平14)年5月15日判決 
    [出典]労働判例832号54頁
1-1-2002.02.27 土木事務所事件(栃木)
    職員X男が、親睦旅行先のホテルでA女の部屋に入り、抵抗するA女の
    身体に触るなどしたことにつき、60万円の支払いが命じられた事例。
   [裁判所]宇都宮地裁
   [年月日]2002(平14)年2月27日判決
   [出典]読売新聞(東京)2002年2月28日朝刊
1-1-2001.12.03 F社電子メール事件(東京)
    上司X男が部下A女にセクシュアル・ハラスメントを行ったという事実
    についての証拠がないとしてA女の損害賠償請求を棄却するとともに、
    A女が事実無根のセクシュアル・ハラスメント行為を捏造したとの証拠
    もないのでX男の名誉毀損の訴えも棄却した事例
       [裁判所]東京地裁
       [年月日]2001(平13)年12月3日判決《確定》
       [出典]労働判例826号76頁
1-1-2001.11.28 携帯電話販売会社事件(福岡)
    社長X男が、セクシュアル・ハラスメント行為に謝罪を求めた社員A女を
    懲戒解雇したことにつき、143万円の支払いが命じられた事例。
       [裁判所]福岡地裁久留米支部 
       [年月日]2001(平13)年11月28日判決
       [出典]読売新聞(西部)2001年11月29日朝刊
1-1-2001.11.27 パチンコ店事件(神奈川)
    上司X男が、店員A女・B女の胸などを触り、退職せざるを
    えなくさせたことにつき、各原告へ90万円の支払いが命じられた事例。
       [裁判所]横浜地裁
       [年月日]2001(平13)年11月27日判決
       [出典]読売新聞(東京)2001年11月28日朝刊
1-1-2001.09.25  清掃会社事件(福岡)
    社長X男が、「夜の相手をしてくれ」と従業員A女に言い、これを拒否
    したA女を懲戒解雇したことにつき、300万円の支払いが命じられた事例。
       [裁判所]福岡地裁
       [年月日]2001(平13)年9月25日判決
       [出典]読売新聞(西部)2001年9月25日夕刊
1-1-2001.06.26 レストラン事件(福岡)
    社員X男がアルバイト店員A女にわいせつな行為を行ったことにつき、
    X男とレストラン経営会社に275万円の支払いが命じられた事例。
       [裁判所]福岡地裁
       [年月日]2001(平13)年6月26日判決
       [出典]読売新聞(西部)2001年6月27日朝刊
1-1-2001.06.26 駐車場管理会社事件(福岡)
    社長X男が、従業員A女に抱きつくなどしたことにつき、220万円の
    支払いが命じられた事例。
       [裁判所]福岡地裁久留米支部
       [年月日]2001(平13)年6月26日判決
       [出典]朝日新聞(西部)2001年6月27日朝刊
1-1-2001.04.00  測量会社事件(北海道)
    謝罪と200万円で和解した事例。
       [裁判所]札幌地裁室蘭支部
       [年月日]2001(平13)年4月6日までに和解
       [出典]朝日新聞(北海道)2001年4月7日朝刊
1-1-2001.03.26 自動車販売会社事件(宮城)
    構造上欠陥のある女子トイレ内に訴外男子従業員がのぞき見目的で
    潜んでいたことをA女が発見したのに、被告会社が適正かつ迅速な
    対応を取らなかった点に職場環境配慮義務違反があるとして、
    350万円の支払いが命じられた事例。
       [裁判所]仙台地裁
       [年月日]2001(平13)年3月26日判決《確定》
       [出典]労働判例808号13頁
1-1-2001.03.22 N銀行事件(京都)
    支店長X男が、従業員A女に行ったセクシュアル・ハラスメント行為
    につき、X男と銀行に対して約667万円の支払いが命じられた事例。
       [裁判所]京都地裁
       [年月日]2001(平13)年3月22日判決
       [出典]判例時報1754号125頁
1-1-2001.03.00 土木会社事件(熊本)
    社長X男が、従業員A女に性交渉を強いたことにつき、440万円の支払
    いが命じられた事例。 
       [裁判所]熊本地裁八代支部
       [年月日]2001(平13)年3月(日付不祥)判決
       [出典]朝日新聞(西部)2001年4月3日朝刊
1-1-2001.02.21 県職員事件(新潟)
    元上司の県職員X男が、仕事を紹介するとしてA女に性的関係を強要し
    たことにつき、450万円の支払いが命じられた事例。
       [裁判所]新潟地裁
       [年月日]2001(平13)年2月21日判決
       [出典]朝日・読売新聞とも(東京)2001年2月23日朝刊
1-1-2001.01.25 タクシー会社事件(栃木)
    社長X男が運転手A女に嫌がらせをしたことにつき、30万円の支払いが
    命じられた事例。
       [裁判所]宇都宮地裁
       [年月日]2001(平13)年1月25日判決
       [出典]朝日新聞(東京)2001年1月26日朝刊
1-1-2001.01.00 Kゲームソフト会社事件(大阪)
    600万円で和解した事例。
       [裁判所]大阪地裁
       [年月日]2001(平13)年1月26日までに和解が成立
       [出典]朝日新聞(大阪)2001年1月26日夕刊
1-1-2000.10.00  衣料品販売会社事件(岡山)
    社長X男が、就職を内定していた女性に性的関係を迫り、精神的苦痛を
    与えたことにつき、275万円の支払いが命じられた事例。
       [裁判所]広島高裁岡山支部
       [年月日]2000(平12)年10月27日までに判決
       [出典]読売新聞(大阪)2000年10月28日朝刊
1-1-2000.08.29 F製薬解雇事件(東京)
    セクシュアル・ハラスメント行為を行った管理職に対する被告会社の通
    常解雇処分が有効とされた事例。
       [裁判所]東京地裁
       [年月日]2000(平12)年8月29日判決
       [出典]労働判例794号77頁
1-1-2000.07.00  ホテル解雇事件(栃木)
        セクシュアル・ハラスメント行為後の解雇について230万円で和解した
    事例。
       [裁判所]宇都宮地裁
       [年月日]2000(平12)年7月14日までに和解
       [出典]読売新聞(東京)2000年7月16日朝刊
1-1-2000.04.28 観光バス解雇事件(大阪)
    セクシュアル・ハラスメント行為その他の不良な勤務態度をとったX男
    への懲戒解雇が有効とされた事例。
       [裁判所]大阪地裁
       [年月日]2000(平12)年4月28日判決《確定》
       [出典]労働判例789号15頁
1-1-2000.04.00  大手私鉄事件(大阪)
    セクシュアル・ハラスメント隠しのため出向を命じたことにつき、出向
    命令無効と200万円で和解した事例。
       [裁判所]大阪地裁
       [年月日]2000(平12)年4月21日までに和解
       [出典]読売新聞(大阪)2000年4月21日夕刊
1-1-2000.03.10 マンション管理会社事件(東京)
    社長X男が従業員A女に強姦未遂を行った後に解雇したことに対して、
    A女がPTSDを発症したことも考慮して、X男と会社に約302万円
    の支払いが命じられた事例。
       [裁判所]東京地裁
       [年月日]2000(平12)年3月10日判決
       [出典]判例時報1734号140頁
1-1-2000.01.28 社会福祉協議会事件控訴審(福岡)
    セクシュアル・ハラスメントを否定した一審判決が覆され、165万円の
    支払いが命じられた事例。
       [裁判所]福岡高裁
       [年月日]2000(平12)年1月28日判決
       [出典]判例タイムズ1089号217頁
1-1-1999.10.27 I外資系銀行事件(東京)
    外国人支店長X男が、従業員A女を強姦し、また、B女にわいせつ行為
    をしたことに対して、X男と銀行に407万円の支払いが命じられた事例。
       [裁判所]東京地裁
       [年月日]1999(平11)年10月27日判決《確定》
       [出典]判例時報1706号146頁
1-1-1999.03.12 水産物販売会社事件(東京)
    訴外上司X男から受けたセクシュアル・ハラスメントの示談成立後も
    X男と原告A女が社内で対立を続けたことについて、被告会社が、
    セクシュアル・ハラスメントの本質を看過し、個人的争いで秩序を
    乱したとしてA女を解雇したことには過失があるとして、
    311万円の支払いが命じられた事例。
       [裁判所]東京地裁
       [年月日]1999(平11)年3月12日判決《確定》
       [出典]労働判例760号23頁
1-1-1999.02.26 F鉄道工業事件(静岡)
    上司であるX男およびY男が、A女に対して、わいせつ行為を行い、
    侮辱的な発言をし、性的に中傷する噂を流すなどしたことにつき、
    X男、Y男および会社に200万円の支払いが命じられた事例。
       [裁判所]静岡地裁沼津支部
       [年月日]1999(平11)年2月26日判決
       [出典]労働判例760号38頁
1-1-1999.02.15 A事件(石川)
    原告の請求通り500万円の慰謝料支払いが命じられた事例。
       [裁判所]金沢地裁輪島支部
       [年月日]1999(平11)年2月15日判決
       [出典]朝日新聞(大阪)1999年2月16日朝刊
1-1-1999.01.18 A設計会社事件(千葉)
    上司X男が、ほぼ同年齢の新入社員A女に仕事を教える際、自らの
    性体験を語り、「おばさん」「子持ちのばばあ」と呼び、必要以上に
    身体を密着させる、抱きつく、髪を撫でる、卑わいな写真をA女の
    コンピューターの前に置くなどしたことにつき、80万円の支払いが
    命じられた事例。
       [裁判所]千葉地裁
       [年月日]1999(平11)年1月18日判決《確定》
       [出典]労働判例768号87頁
1-1-1998.12.21 S運送会社飲み会事件(大阪)
    上司X男が、職場の歓迎会後のカラオケボックスで、新入社員A女の
    手や額にキスする等のわいせつ行為を行ったことにつき、X男と
    会社に110万円の支払いが命じられた事例。
       [裁判所]大阪地裁
       [年月日]1998(平10)年12月21日判決
       [出典]判例時報1687号104頁
1-1-1998.12.07 C社懲戒解雇事件(東京)
    セクシュアル・ハラスメント行為者に対する懲戒解雇が有効であると
    された事例。
       [裁判所]東京地裁
       [年月日]1998(平10)年12月7日判決
       [出典]労働判例751号18頁
1-1-1998.10.30 歯材販売会社事件(大阪)
    社長X男が、従業員A女に対し、ホテル室内における打ち合わせ中、
    ベッドに横になり、ベッドの空いている部分を手で叩き、そこに
    横になれという態度を示したことにつき、10万円の支払いが
    命じられた事例。
       [裁判所]大阪地裁
       [年月日]1998(平10)年10月30日判決
       [出典]労働判例754号29頁
1-1-1998.03.11  青果会社事件(和歌山)
    X男ら4名が、A女を「おばん、ばばあ、くそばば」と継続的に呼び、
    意に反してA女の性器付近、胸、尻等を何回も触り、性的に露骨な
    表現を用いてからかい、暴行を働いたことにつき、X男らと会社に
    110万円の支払いが命じられた事例。
       [裁判所]和歌山地裁
       [年月日]1998(平10)年3月11日判決
       [出典]判例時報1658号143頁
1-1-1997.12.11 実名セクシュアル・ハラスメント事件(栃木)
    被害者が実名を公表してセクシュアル・ハラスメント訴訟を提起し、
    300万円で和解した事例。
       [裁判所]宇都宮地裁
       [年月日]1997(平9)年12月11日和解
       [出典]朝日新聞(東京)1997年12月12日朝刊
1-1-1997.11.20 S建設子会社事件控訴審(神奈川)
    セクシュアル・ハラスメント事実を否定して原告の請求を棄却した
    原審を取り消し、上司X男の部下A女へのわいせつ行為を認めて
    275万円の支払いを命じた事例。
       [裁判所]東京高裁
       [年月日]1997(平9)年11月20日判決《確定》
       [出典]判例時報1673号89頁
1-1-1997.08.09 市役所事件(奈良)
    係長X男と課長Y男からいやがらせを受けたため3年間休職したA女に
    対して、X男とY男に損害賠償が命じられた事例。
       [裁判所]奈良地裁葛城支部
       [年月日]1997(平9)年8月7日判決
       [出典]朝日新聞(大阪)1997年8月9日朝刊
1-1-1997.04.17  呉服販売会社事件(京都)
    専務取締役X男が、社内の朝礼において、従業員A女の異性関係に
    関する発言をし、さらにA女に退職を促したことにつき、X男と
    被告会社に対して約215万円の支払いが命じられた事例。
       [裁判所]京都地裁
       [年月日]1997(平9)年4月17日判決《確定》
       [出典]判例タイムズ951号214頁
1-1-1997.02.28 チラシ広告会社事件(東京)
    社長X男が、従業員A女に対して、社内で性的な事柄を聞いたり、
    羽交い締めにして小便をさせるような格好をさせる等したことにつき、
    100万円の支払いが命じられた事例。
       [裁判所]東京地裁
       [年月日]1997(平9)年2月28日判決《確定》
       [出典]判例タイムズ947号228頁
1-1-1997.02.05 N観光バス営業所懲戒解雇事件(福岡)
    観光バス運転手X男が、未成年のバスガイドA女にわいせつ行為を
    行ったことを理由とする懲戒解雇が有効とされた事例。
       [裁判所]福岡地裁
       [年月日]1997(平9)年2月5日判決
       [出典]労働判例713号57頁
1-1-1997.01.31 派遣先会社事件(東京)
    酩酊した派遣社員A女に、ホテルで暴力をふるって抵抗を排除し、
    強いて性行為に及んだ派遣先会社の従業員X男に対して、158万円の
    支払いが認められた事例。
       [裁判所]東京地裁
       [年月日]1997(平9)年1月31日判決
       [出典]労働判例716号105頁
1-1-1996.12.25 A広告代理店事件(東京)
    会社会長X男が、営業部の部下A女に対して、見舞いの際にキスを
    したり、むりやりドライブに連れ出す等をしたために精神的苦痛を
    感じてA女が退職したことにつき、X男と被告会社に対して
    148万5千円の支払いが命じられた事例
       [裁判所]東京地裁
       [年月日]1996(平8)年12月25日判決
       [出典]労働判例707号20頁
1-1-1996.10.30  土木建築会社事件控訴審(石川)
    社長X男が、自宅の家政婦として雇用したA女に性的関係を迫り、
    これを拒否してセクシュアル・ハラスメントであると抗議したA女を
    解雇したことにつき、80万円の支払いを命じた原審を変更して
    138万円の支払いを命じた事例。
       [裁判所]名古屋高裁金沢支部
       [年月日]1996(平8)年10月30日判決
       [出典]判例タイムズ950号193頁
1-1-1996.10.15 Cタクシー事件(徳島)
    セクシュアル・ハラスメントに抗議したために解雇されたA女ら3名の
    女子社員の地位保全処分等が認容された事例。
       [裁判所]徳島地裁
       [年月日]1996(平8)年10月15日決定
       [出典]労働判例707号91頁
1-1-1996.05.16 中古車販売会社事件(北海道)
    社長X男が、事務員A女に執拗に性交を要求する等したことについて、
    X男と会社に70万円の支払いが命じられた事例。
       [裁判所]札幌地裁
       [年月日]1996(平8)年5月16日判決《確定》
       [出典]判例タイムズ933号172頁
1-1-1996.04.26 葬祭会社事件(大阪)
    会社会長X男が、顧客訪問をしていた入社後間もないA女の運転する
    自動車に乗り込み、性的なニュアンスの発言をし、太ももに
    触ったことに対して、X男と会社に88万円の支払いが命じられた事例。
       [裁判所]大阪地裁
       [年月日]1996(平8)年4月26日判決
       [出典]判例時報1589号92頁
1-1-1995.09.06 N建設業振興会事件(奈良)
    振興会理事X男が、部下A女に対して、太ももに触ったり、頬ずり・
    抱き上げる等したことにつき、110万円の支払いが命じられた事例。
       [裁判所]奈良地裁
       [年月日]1995(平7)年9月6日判決《確定》
       [出典]判例タイムズ903号163頁
1-1-1995.08.29 運送会社事件(大阪)
    社長X男が、高校を卒業したばかりで就職したA女に対し、「処女か」
    「Aちゃんがほしいねん」等性交を求める言動を繰り返し、
    退職に至らせたとして、50万円の支払いが命じられた事例。
       [裁判所]大阪地裁
       [年月日]1995(平7)年8月29日判決
       [出典]判例タイムズ893号203頁
1-1-1994.05.26 土木建築会社事件(石川)
    社長X男が、自宅の家政婦として雇用したA女に性的関係を迫り、
    これを拒否してセクシュアル・ハラスメントであると抗議したA女を
    解雇したことにつき、A女の反抗的態度から解雇はやむをえないが
    セクシュアル・ハラスメント行為については80万円の支払いを
    命じた事例。
       [裁判所]金沢地裁輪島支部
       [年月日]1994(平6)年5月26日判決
       [出典]労働判例650号8頁
1-1-1994.01.00 C観光バス事件(大阪)
    230万円で和解が成立した事例。
       [裁判所]大阪地裁
       [年月日]1994(平6)年1月21日までに和解が成立。
       [出典]朝日新聞(大阪)1994年1月22日朝刊
1-1-1993.04.00 K書店事件(東京)
    謝罪による和解が成立した事例。
       [裁判所]東京地裁
       [年月日]1993(平5)年4月15日までに和解が成立。
       [出典]読売新聞(東京)1993年4月16日朝刊
1-1-1992.12.16 美容院経営者事件(愛知)
    美容院経営者X男が、独身従業員A女に対する借金の返済を性交渉で
    支払うよう強要し、A女の婚姻後も右関係を継続したことに
    ついて、A女およびその夫に対して400万円の支払いが命じられた事例。
       [裁判所]名古屋地裁
       [年月日]1992(平4)年12月16日判決
       [出典]判例タイムズ811号172頁
1-1-1992.04.16 出版社事件(福岡)
    部下A女について性的な風評を言い立てた編集長X男と、社内における
    両者の対立をもっぱらA女の譲歩・犠牲において解決しようとした
    会社に対して、165万円の支払いが命じられた事例。
       [裁判所]福岡地裁
       [年月日]1992(平4)年4月16日判決《確定》
       [出典]判例時報1426号49頁
1-1-1992.01.00 A放送事件(京都)
    和解が成立した事例。
       [裁判所]京都地裁
       [年月日]1992(平4)年1月9日までに和解が成立
       [出典]朝日新聞(東京)1992年1月9日夕刊
1-1-1991.01.30 全盲会長事件(東京)
    全盲の会長X男が、会長秘書A女に2度にわたり性的暴行を行った
    ことにつき、300万円の支払いが命じられた事例。
       [裁判所]東京地裁
       [年月日]1991(平3)年1月30日判決
       [出典]朝日新聞(東京)1991年1月31日朝刊
1-1-1990.12.20 Nホテル事件(静岡)
    会計課長X男が、部下A女を食事に誘い、食事を終えて帰路についた
    車中でキスを強要したことにつき、110万円の支払いが命じられた事例。
       [裁判所]静岡地裁沼津支部
       [年月日]1990(平2)年12月20日判決《確定》
       [出典]判例タイムズ745号238頁
1-1-1969.11.18 I交通事件(愛媛)
    被告会社が、訴外運転手X男から暴力をもって強いて姦淫され妊娠させ
    られたバスガイドA女に対し、懲戒解雇事由にあたると強迫して
    退職の意思表示をさせたうえ、A女の意思に反して右性関係に
    ついて陳述を求め、これを録取して供述書と題する書面を作成したこと
    について、30万円の支払いが命じられた事例。
       [裁判所]松江地裁益田支部
       [年月日]1969(昭44)年11月18日判決
       [出典]労働関係民事裁判例集20巻6号1527頁
1-1-1956.10.29 S興業事件(三重)
    代表取締役X男が、事業所閉鎖にともない職を失うA女宅で、
    飲酒したうえA女にわいせつ行為に出たことにつき、5,000円の支払いが
    命じられた事例。
       [裁判所]津地裁
       [年月日]1956(昭31)年10月29日判決
       [出典]下級裁判所民事裁判例集7巻10号3017
1.職場で
1-2.労組による事例
1-2-1996.10.14 S機関紙事件(滋賀)
    性差別的行為・暴力行為を受けたとして退職したA女が損害賠償を
    求める調停を申し立てたところ、被告がその機関紙上でA女の名誉
    を毀損したことにつき、50万円の支払いが命じられた事例。
       [裁判所]大津地裁
       [年月日]1996(平8)年10月14日判決
       [出典]判例時報1623号118頁
1-2-1985.11.27 T労組機関紙事件(東京)
    X男らが、対立する労組の女性組合員A女ら4名を「チビ・ブス」
    「性格ブス」「人格チビ」等と表現するコラムを機関紙に掲載したことに
    つき、謝罪文の掲載および各自に30万円の支払いが命じられた事例。
       [裁判所]東京地裁
       [年月日]1985(昭60)年11月27日判決
       [出典]労働関係民事裁判例集36巻6号716頁
1.職場で
1-3.同性による事例
1−3−2004.10.04 刑務所職員の言葉によるいやがらせ事件(滋賀)
     刑務所職員X女が、夫や子どものいる同僚のA女について「男性
     刑務官と付き合っている」と事実無根のうわさを流し、上司が適
     切な対応を取らずこれを放置したことにつき、国とX女に35万
     円の支払いが命じられた事例
    [裁判所]大津地裁
    [年月日]2004(平16)年10月4日判決
    [出典]共同通信WEB配信記事
1-3-2000.12.00 同性セクシュアル・ハラスメント事件(福岡)
    解雇処分取り消しと解決金150万円で和解した事例。
       [裁判所]福岡地裁
       [年月日]2000(平12)年12月(日付不詳)和解
       [出典]朝日新聞(西部)2001年1月16日朝刊
1.職場で
1-4.女性から男性への事例
1-4-2004.09.03 郵便局員の女性から男性への事件(大阪)
    郵便局の防犯対策等を担当する管理職X女が、局内パトロール中に、勤務
    時間中であるにもかかわらず男性職員用浴室が使用中であることを不審に
    思い、ノックをしないまま浴室扉を少し開き、脱衣室内を覗いたところ、
    上半身裸の状態で立っていた配達職員A男と目が合ったこと等にセクシュ
    アル・ハラスメント防止義務違反が認められ、A男から被害申告を受けた
    総務課長Y男には、事情聴取等の対応にセクシュアル・ハラスメント防止
    義務違反(二次セクハラ)が認められるとして、郵政公社に15万円の支
    払いが命じられた事例
   [裁判所]大阪地裁
   [年月日]2004(平16)年9月3日判決
   [出典]労働判例884号56頁


Copyright(C) 2001 GAL. All Rights Reserved.